仮想通貨WalletのMetaMask(メタマスク)の導入方法

MetaMask(メタマスク)とはそもそも何なのか?

これはgoogle chromeの拡張機能やスマホアプリで利用できる仮想通貨(暗号資産)専用のWebウォレットです。

□Webウォレットとは?
・MetaMask(メタマスク)を利用することで仮想通貨の管理、送金、受け取りが可能
→要は仮想通貨のお財布というイメージ

・DeFiやOpenSea,NFTゲームにログインするための、ID/Passwordの役目も果たします。

MetaMask (メタマスク) のインストール方法

MetaMaskはPCとスマートフォンで利用することができますが、今回はPCで設定する手順をお伝えします。ブラウザはgoogle chromeを使用します。

※スマホからでも利用可能です。スマホの場合MetaMaskのアプリをインストールする必要があります。

まずはgoogle chromeの拡張機能をインストールする必要があります。

初めに、Googleにて”Google Metamask”で検索します。すると、MataMask-Chrome ウェブストアと表示がでてきますので、クリックします。

もしくは、下記リンクからDownloadをクリックしてください。

MetaMask

注意点MetaMaskの偽サイトが度々目撃されています。MetaMaskの公式サイトであるか、きちんと確認しましょう。

google Chromeの拡張機能として、MetaMaskをインストールします。

まずChromeウェブストアにアクセスし、右上の【Chromeに追加】をクリックします

すると下の画像のようなポップアップが表示されるので、【拡張機能の追加】をクリックします。

以上でMateMaskのインストールは完了しました。”MetaMaskにようこそ”と表示されます。

MateMask (メタマスク) の初期設定方法

それでは、インストールも終了したので初期設定をしていきます。上記画面の【開始】をクリックします。

初めてMetaMaskを作成する場合は、右側の【ウォレットの作成】をクリックします。

個人情報の取り扱いに関する確認です。

プライバシーポリシーをきちんと確認の上、同意できる方は【同意します】をクリックします。

同意ボタンを押すと、新規パスワードを作成する必要があります。最低8文字を入れる必要があります。

パスワードを入れたら、使用条件を確認の上、【作成】をクリックします。

このパスワードはMetaMaskを稼働する際、必ず必要となりますので、メモをしておきましょう。

次にウォレットの保護に関する、短い動画を視聴します。この「リカバリーフレーズ」はアカウントを復元させる際に必要となります。まずは動画を視聴し、【次へ】をクリックします。

次へをおすと、下記図のように秘密フレーズがでてきます。

黒影の【秘密の言葉を表示するには、ここをクリック】をクリックすると、12個の単語が表示されます。この12個の単語及び並びかたが非常に重要となりますので、必ず個人で保存し、第三者には見せないようにしてください。

このリカバリーフレーズの保存が完了したら、【次へ】をクリックします。

※リカバリーフレーズはスクリーンショットなどに保管せず、紙に書いて保管しておくことをおすすめします。

次の画面で、先ほど保存したフレーズを、順番にクリックして並べていきます。

並べ終わったら、【確認】を押します。これで設定は完了です。

秘密鍵の保存方法に関して

MateMaskには、先ほど紹介した「パスフレーズ」とは別に秘密鍵が設定されております。 秘密鍵とはブロックチェーン上に記録されたアカウント情報へアクセスするために必要なデータです。

ウォレットを保存するには、まずメインがメインの【】を選択し、【アカウントの詳細】をクリックします。

すると、以下のような画面が表示されるので、【秘密鍵のエクスポート】をクリックします。

次にパスワードを入力し、確認ボタンをおします。

すると、秘密鍵が表示されます。文字列が表示されるのでコピーし、安全な場所に管理しておく必要があります。

秘密鍵を紛失してしまうと、ウォレットに保管していた通貨は取り出せなくなってしまうので注意が必要です。また第三者には絶対に教えないようにしましょう。

以上が設定方法です。

コインチェック