MetaMask(メタマスク)でREVOKE(リボーク)する方法

魔界を探索している人に限らず、暗号資産界隈でつねにつきまとうリスクとは

・詐欺被害

・ハッキング被害

・ラグプル問題

この3点が挙げられます

その被害を最小限予防することができるのがREVOKE(リボーク)です

・もう使わなくなったDeFi

・AirDropでもらったNFT

・Free MINTでMINTしたけどSCAM(詐欺)だった!!!

至る所に危険は潜んでいます

もう使ってないから大丈夫?

いえいえ、MetaMask(メタマスク)などの仮想通貨ウォレットは使用していなくても

接続は維持され続けるのご存じでしょうか・・・

これをみてひやっとしたあなた・・・

この先の記事をしっかり読んでREVOKE(リボーク)しましょう

メタマスク導入の方法

REVOKE(リボーク)って何?

REVOKE(リボーク)とは、その名の通り

“取り消す”ことです

何を取り消すかというと、ウォレットと接続先のネットワークを取り消します

きっちりやっておかないと、接続先経由でウォレットから資産を抜き取られたりする可能性が高まりますので行うようにしましょう。

では、順番に説明していきます。

~ScanでREVOKE(リボーク)する方法

まずはScan系でREVOKEする方法

私は基本Fantomを使っているので、今回はFantomScanで説明していきます

他のチェーンでも基本的な方法は同じなので心配無用です

まずMetaMask(メタマスク)からFantomScanを開きます

FantomScanが開いたら下記画像の1のところ”MISC”から2番矢印の

“Token Approvals”を押します

すると下記画面になるので、自分のメタマスクのウォレットアドレスを入力しましょう

すると自分の取引履歴的なものが出てきますので、囲ったとこをクリックして

web3接続します

ここで接続が終わるとさっきの画面に戻ってきますので

もう一度“Connect to Web3”を押すと下記画面が出てきて同意できるならokを押します。

ちなみに内容は

「これはベータ版の機能であり、「現状有姿」かつ「利用可能」な状態で提供されることにご留意ください。FtmScanは、この機能の継続的な使用による直接的または間接的な損失について、いかなる保証も行わず、責任を負わないものとします。」

ここでOKを押すと無事ウォレットとの接続がされREVOKE作業ができるようになります。

ここまで来ればもう簡単です。

消したいところのRevokeを押して進めていくだけになります。

まず消したいところのRevokeのボタンを押すと下記画面がポップアップされるので

そのままRevokeを押します。

押したあとはいつも通り、メタマスクの承認画面になりトランザクションを通すと完了です。

メタマスクの承認が終わると先ほどのポップアップ画面に戻ってきますので、下記画像のところを押すとトランザクションの状況を確認できますので、SuccessになっていたらRevoke完了です。

これでScanでのREVOKEは完了です。

Revoke.cashで行う

まずはRevoke .Cashにアクセスすると上記画像のサイトに飛ぶことができます。

Recoke.cashへはこちらをクリック

トップページの画面中央にある「Connect Wallet」をクリックしましょう。

アクセスと同時にメタマスクが起動する場合はそのまま接続して問題ありません。

MetaMask(メタマスク)を選択します。

メタマスクのロックを解除しましょう。

接続するアカウントを選んで「次へ」をクリックします。

「接続」をクリックしましょう。

画面の中央に「メタマスクのアドレス」が表示されていれば接続は完了です。

Revoke.cashでは仮想通貨とNFTの情報が「TokensとNFTs」に分かれています。

画面中央のボタンで情報を切り替えましょう。

今回はNFTの情報をリボークしてみます。

承認情報を取り消したいNFTの「Revoke」をクリックしましょう。

発生するガス代(手数料)を確認して「確認」をクリックしましょう。

承認情報を取り消したNFTの横から「Revoke」が消えていれば操作完了です。

ちなみに接続するネットワークはメタマスクのネットワークを切り替えると自動で対応されます。

メタマスクでリボークする方法の解説は以上です。

コインチェック