SafePal Wallet(セーフパルウォレット)の使い方

SafePal Wallet(セーフパルウォレット)とは

SafePal Wallet(セーフパルウォレット)は仮想通貨専用のウォレット(デジタル財布)であり、世界最大の仮想通貨取引所、BINANCE(バイナンス)から出資を受けて、SafePalという企業が運営しています。

SafePal Wallet(セーフパルウォレット)には”ソフトウェアウォレット(アプリ)”とハードウェアウォレット(ハード)”の二種類で管理することが可能です。

*Safepal Walletの種類*
・ソフトウェアウォレット
→スマホのアプリで管理するタイプ。私はスマホ(iphone)とMacbookでアプリをインストールしています

・ハードウェアウォレット
→ポケットWiFiのような端末でインターネット上から切り離して仮想通貨を管理できる為、セキュリティ面で安全性が高い

Safepal Wallet(セーフパルウォレット)をインストール

今日はソフトウェアウォレットについて解説します。

まずはスマホでSafePal Wallet(セーフパルウォレット)をダウンロード・インストールします

ダウンロードはこちらから自分の端末に合っているVer.をダウンロードしてください。

SafePal Walletのセットアップ

インストールが終わると下記画面になりますので、”ソフトウェアウォレット”を押します

ソフトウェアウォレットを押すと下記画面になるので”次”を押して進みます

次へを押すとパスワードの設定画面になりますので、自分の覚えられるパスワードを入力し下の利用規約にチェックを入れると、提出するのボタンが押せるようになりますので押します。

※このパスワードを忘れると、ログインできなくなり仮想通貨を紛失してしまう可能性がありますので忘れないようにどこかにメモを残しておくなど、対策をして置いてください。

提出するを押した後は”PINコード”の設定画面になります。

PINコードは設定しなくても大丈夫な方は右上のスキップをクリック

ただし、PINコードを設定すると、SafePal Wallet(セーフパルウォレット)のログインの際にパスワードを入力しなくてもPINコードでログインできるようになるので、私はPINコードを設定しておくことをおすすめします。

まずは設定したいPINコードを指で順番になぞります

順番になぞると、今なぞった順番でもう一度なぞります(パターンの確認)

パターンを2回入力すると下記画面になります

Safepalの旅を始めましょうをクリックすると、再度初めの画面に戻りますので”ソフトウェアウォレット”を押します

ソフトウェアウォレットを押すと下記画面になるので”ウォレットを作成”を押します

ウォレットを作成を押すと先程設定したパスワード入力する画面になりますので、パスワードを入力して確認を押します。

確認するを押すとウォレットの名前をつけれる画面にいきますので、ご自由に決めて入力しましょう。

※SafePal Wallet(セーフパルウォレット)は他のウォレットの情報もインポートできます(例えばMetaMask(メタマスク)もインポートできます)のでわかりやすい名前がおすすめです。

完了を押すと、ニーモニックフレーズの画面になりますので、”ニーモニックフレーズをバックアップする”を押します。

※ニーモニックフレーズは他人に知られてしまうと、ウォレットの中身を抜き取られたりしてしまう為、絶対に他人に教えたり、他のサイトでむやみに入力したりしないようにしてください。

バックアップを押すと、上記画面になるので3つとも読んだ後にチェックして、”理解しました”を押します。すると下記画像のように12個の英語のフレーズが表示されるのでこれを保存します。

※ハッキング等を考えるとスクリーンショットで保存せず、紙などに書いて保管しておくことをお勧めします。

フレーズを保管(紙等に写し)し終えたら、”次”を押します

次の画面は先程保存した、ニーモニックフレーズを順番通りに押していきます。

順番に押した後は”次”を押します。

この画面が出ると、SafePal Wallet(セーフパルウォレット)のセットアップが完了です。

これで仮想通貨取引所などから送金する準備が完了しました。

仮想通貨取引所のおすすめはBINANCE(バイナンス)です。世界最大級の取引所であり、SafePal(セーフパル)の出資先でもあるので安心して利用できます。

BINANCE(バイナンス)については

BINANCE(バイナンス)の口座開設のやり方

BINANCE(バイナンス)へ入金する方法

別のWallet(ウォレット)が希望の方は

MetaMask(メタマスク)の導入のやり方

コインチェック